TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

深化するアマゾン・エフェクト(1) -Amazon Bar-

Amazon社が10月20日(金)より10日間限定で東京銀座(東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル1F)にポップアップバーをオープンするという新サービスが紹介されている。アメリカ国内では、すでにAmazon Booksなどのリアル店舗をオープンしているが、Amazon Barと称し、バーのリアル店舗を持つのは初の試みである。リアル店舗をオープンすることにより、EC上のプロダクトやAmazonの最新テクノロジーのプロモーションにつながるだけではなく、「Eコマースだけでは提供できないパーソナルサービスが体験できる空間」を提供しようとしていることが考えられる。さらにリアル店舗での顧客体験を蓄積することにより、今後そのデータを”AmazonFresh”におけるプライベートブランド(PB)戦略に活用することも可能であろう。Amazonならではの豊富な酒類製品の品ぞろえを活かした「Amazon Bar」が常設される日もそう遠くはない。

According to CNBC(https://www.cnbc.com/2017/10/05/amazon-is-opening-a-pop-up-bar-in-japan-but-without-a-menu.html), as a new service, Amazon will open a pop-up bar in Ginza district, Tokyo(1F Hulic blg., 7-3-5, Ginza, Chuo-ku, Tokyo) only for ten days from October 10 to 29, 2017.
In the US, Amazon Books business, a physical book store, has been being launched, but it’s the first venture to launch bar business which is called “Amazon Bar”.
Launching brick-and-mortar store/bar service leads to not only promoting products on Amazon e-commerce and cutting edge technology but providing the space that Amazon customers could experience personalized service. Moreover, by having a close look at the customer experience, they could utilize the data to improve their private label strategy in “AmazonFresh” down the road. The day when Amazon Bar is permanently managed worldwide, which has Amazon-specific strength that they have a variety of drinks, would not be far away.

川端 祥生