TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

日本式アイドルの中国市場開拓

かつて高倉健や山口百恵などの日本タレントが中国でブームを巻き起こし、圧倒的な人気を得ていたが、経済成長を遂げた昨今の中国は世界各国の音楽・芸能業界からの進出が本格化し激戦場となったため、日本のエンターテインメントは中国で一時的に姿が消したように見えた。そんな中AKB48に代表される日本式グループアイドルは中国のエンターテインメント市場で人気を獲得し、そのモデルをコピーした中国式アイドルまで誕生させた。日本式グループアイドルが注目された理由はそのモデルが秘める膨大な経済力:「粉絲経済」(ファン経済)にあると考える。「粉絲経済」(ファン経済)、すなわち自分の好きなタレントやアイドルへの愛を示すため、惜しみなく課金する消費者行為により生まれる経済効果だ。ジャニーズファンやAKB48ファンのように、アイドルを支持するため、多額の出費をいとわない忠誠心が、「粉絲経済」(ファン経済)の最大のポイントである。13億人という巨大な消費市場を誇る中国において、いかに現地ファンの心をつかみ、裾野の広い経済効果を生み出すことができるかが日本式アイドルの課題だ。TICの新たなグループ会社であるTOKYO Business Bridge(TBB)も日本の文化産業の中国(大連)展開を支援しており、その支援領域は幅広い。

过去高仓健和山口百惠等日本艺人在中国掀起热潮,并获得压倒性的人气。然而当今中国,随着经济的增长,世界各国的音乐、演艺行业开始正式进军中国。日本艺人在中国的影响力受激烈的市场冲击,暂时消失了身影。在演艺行业的竞争中,AKB48所代表的日式偶像却在中国的娱乐市场上获得了绝佳的人气,同时还催生了模仿该AKB模式的中国式偶像。日本式团体偶像引人注目的理由是,其模型所隐藏的庞大的经济潜力:“粉丝经济”。“粉丝经济”,即出于对自己喜欢的演员和偶像们的爱,而转化为毫不吝惜地进行消费活动的的消费者行为所产生的经济效果。就像杰尼斯粉丝和AKB48的粉丝一样,为了支持偶像,不惜花费大量金钱以表忠诚是“粉丝经济”的最大亮点。在拥有13亿人口这一巨大消费市场的中国,如何获得当地粉丝的心,从而创造出广阔的经济效果,是日本式偶像所面临的课题。TIC的新集团公司TOKYO Business Bridge (TBB) 支援范围广阔,支援消费品在中国(大连)展开的同时,也支持日本文化产业在中国(大连)的展开。

陳 力源