TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

中国越境ECの活用術

近年「越境EC」という言葉はよく耳にする。越境EC(electronic commerce=電子商取引)とは国際的な電子商取引を指す。インバウンドの「爆買い」をした外国人観光客が帰国後、また日本で購入した商品を買いたいニーズに合わせ、越境ECが急拡大した。出展企業側のメリットとしては初期投資額を抑え商圏を拡大できる点が挙げられる。2016年の越境EC取引額は1兆2,000億元(約20兆円)に達し、2017年は33.3%増の1兆8,543億元(約31兆円)に達すると予測される。また、2016年越境ECのユーザー数は4,200万人、前年比82.6%増加した。膨大な市場を管理するため、中国政府は「自由貿易区」「保税区」「越境EC実験地区」などの政策を実行している。通関手続きが簡素化され、税金は一般貿易より安く仕入れができる仕組みも構築されている。TICの新たなグループ会社であるTOKYO Business Bridge(TBB)のパートナー企業には大連金普新区(自由貿易区)にある常設展示場「日本館」の運営企業がいる。「日本館」では越境EC企業が日本商品を選び、商談を行うことが可能である。ご興味がある企業様はhttp://www.tic-web.co.jp/contact へお問い合わせください。

主题:中国跨境电商活用术
近年来,经常可以看到的词汇:“跨界EC(Electronic Commerce)”是指国际电子商务贸易,简称“跨境电商”。游客在海外旅游“爆买”,在回到本国之后,还希望购买外国产品的需求日益扩大,是“跨境电商”迅速成长的重要原因。采用“跨境电商”的优点之一是可以使企业抑制初始投资金额的同时迅速扩大商圈。 在中国,2016年跨境交易值达到1,2000亿人民币,2017年预计将增长33.3%,达到18543亿人民币。同时,2016年跨境EC用户数为4200万人,比上年增长82.6%。为了管理巨大的市场,中国政府正在实施“自由贸易区”、“保税区”,“跨境电商贸易实验区”等政策。在自贸区通过“跨境电商”进口商品,简化了一部分海关程序,同时能享受关税优惠。 TIC的新的集团公司TOKYO Business Bridge(TBB)的合作伙伴在大连自由贸易区:金普新区开设有常设展区“日本馆”。通过“日本馆”,日本企业可以将商品进行展示。在中国的跨境电商企业在展示品中选择想要交易的商品,并进行进货方面的谈判。如果您对“日本馆”和“跨境电商”感兴趣,请联系http://www.tic-web.co.jp/contact 进行咨询。

陳 力源