TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

簡易的な事業デュー・デリジェンス(簡易事業DD)の必要性

簡易的な事業デュー・デリジェンス(簡易事業DD)の必要性が増している。事業環境が刻一刻と変化する状況に於いては作り込まれた戦略が意味を成さないケースが往々にしてある。数年前にそれなりのフィーと時間を費やして策定した事業計画(中期事業計画等)は、前提事項の不成立によりすぐに陳腐化する。そのような環境の中で経営者に求められるのは短期サイクルでの仮説立案と検証の繰り返しである。TICではそれら経営者の短期サイクルでのスピーディーな意思決定をサポートする為に、クイックに対応する「簡易事業DD」を提供している。簡易事業DDでは所謂レポートの網羅感にはこだわらず、今解決すべきことにフォーカスする。

松崎 勝彦