TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

CONSULTANTS

CONSULTANTS

取締役COO竹本 佳弘

経歴
関西学院大学経済学部卒業後、澁澤倉庫㈱営業統括部門、富士通㈱コンサルティング事業本部(現、㈱富士通総研)、㈱三菱総合研究所経営コンサルティング本部、㈱ミスミグループ本社、フロンティア・マネジメント㈱を経て、SCM/ロジスティクスに特化したコンサルティング企業において取締役及び当子会社社長を歴任の後、㈱東京コンサルティング研究所を設立。
実績
  • ■戦略領域
    • 物流事業者(倉庫業・運輸業等)の中期経営計画、3PL戦略、CRE戦略等の策定及び実行支援
    • 消費財メーカー、小売事業者等の事業戦略、事業デュー・デリジェンス及び戦略実行における半常駐型支援
    • メーカー(エレクトロニクス、化成品等)の物流子会社売却に伴うフィナンシャル・アドバイザリー
  • ■オペレーション・IT領域
    • メーカー(自動車等)のSCM改革の計画策定と実行支援
    • グローバル外資系メーカー(食品)の物流拠点統廃合及び商流改革に関する計画策定
    • 事業戦略におけるアクションプランとして在庫適正化の施策の実行支援
    • メーカー、卸売事業者等の物流センター設計・WMS導入及び倉庫現場改善
  • ■物流実務領域
    • 荷主企業(化粧品、アパレル等)のBPOを含めた物流センター業務の受託及び当物流センターの運営統括
    • 国内物流統括ディレクターとして、在庫適正化及び短納期(即日配送)に資する物流ネットワークの再構築
    • 通関士及び輸出入貨物取扱業務等、国際物流における輸配送・保管業務

コンサルティング事業本部
シニアコンサルタント
小林 修

経歴
大学卒業後、株式会社三菱総合研究所に入社、およそ10年間、官庁、メーカー、業界団体を顧客に、主に自動車・大型機器市場の調査分析、コンサルティングに従事。その後ビジネスソリューション部門に転じ、SCM改革の全体構想から組織・業務再構築・IT再構築を中心としたコンサルティングに約14年従事した。その後医療法人の事務長として事務業務の統括、新規開院、経営データの統合・共有化推進に携わったのち、株式会社ロジクロス・コミュニケーションに入社。ロジスティクス/SCM領域の業務改革・IT改革のコンサルティングに従事。
実績
  • ■戦略領域
    • 食品メーカー:中期(10年程度)製品市場戦略シナリオ策定と、設備投資計画立案
    • 大型輸送機器メーカー:市場・顧客・競合・技術のメガトレンド分析と事業戦略シナリオ作成
    • 設備工事会社:新規事業戦略策定(コア事業の競争力評価に基づく新規サービスコンセプト開発と実現への戦略シナリオ策定)
  • ■オペレーション、IT領域
    • 日用雑貨製造業:SCMグランドデザイン、製販財業務プロセス改革構想、業務プロセス設計とIT導入支援、需要予測システム開発
    • 自動車部品製造:SCM改革(調達、製造(受注、MRP、生産、倉庫納入まで)、会計におけるSAP導入)のグランドデザイン作成・新規製品の原価企画~設計~試作~立上げまでのグローバル製品開発プロセスの情報整流化の支援
    • 精密機械製造:大型受注品の受注、生産、現場工事、納入設置までの製品納入プロセス改革(社内の組織機能再編成とプロセス再構築)
    • 化学メーカー:合併企業の業務統合(特に受注~調達~生産~倉庫配送までの会社間業務機能再編成と統合業務プロセスフロー作成)
  • ■物流実務領域
    • アパレル製造:センターDCにおける効率改善(構内在庫配置および作業動線、作業人員スケジューリングの最適化)
    • 医療機器製造:SAP導入に伴う物流プロセス設計(受発注管理、輸送管理、在庫管理)

コンサルティング事業本部
シニアコンサルタント
亀山 創

経歴
中央大学経済学部卒業後、大手都市銀行にて中堅中小企業へ財務面での支援活動に従事。その後、広告代理店にて大手企業のマーケティング/プロモーション施策の企画立案に従事。中小/ベンチャー企業向けの財務/経営コンサルティング会社経営、SCM/ロジスティクスのコンサルティングファームを経て、現在に至る。
実績
  • ■設備メーカー 物流スキーム改善
    • 課題:売上高物流費率が高止まりしており、輸配送スキームの見直しが必要であった
    • 支援内容:輸配送効率化のスキーム設計、物流業者選定、応札支援等によりコストダウンを実現
  • ■日用雑貨メーカー 物流スキーム改善、物流拠点立ち上げ、物流管理システム導入支援
    • 課題:売上高物流費率が高止まりしており、輸配送スキームの見直し、物流拠点再編、物流管理システムの刷新が必要であった
    • 支援内容:輸配送スキームの設計、物流拠点の立ち上げ及び運営支援、WMS導入支援、顧客への物流サービスレベル最適化支援によりコストダウンを実現
  • ■大手3PL企業 営業支援
    • 課題:製菓メーカーへの営業を行うにあたって、社内のリソース及ぶ提案力が不足していたため支援が必要であった
    • 支援内容:輸配送スキームの設計、製菓メーカーにとっての効果試算、3PL企業の収支試算し案件の受注に成功

コンサルティング事業本部
シニアコンサルタント
松崎 勝彦

経歴
早稲田大学大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻修了後、アクセンチュア㈱、フロンティア・マネジメント㈱を経て、現在に至る。
実績
  • ■戦略領域
    • ネットワーク機器、ホームセンター、ホテル等の事業デュー・デリジェンス、中期経営計画策定(環境分析から財務三表作成等)
    • アパレルメーカーの中期経営計画実行支援(アクションプラン策定、施策のモニタリング、海外工場視察等)
    • 建設関連(デベロッパー、建設資材、道路舗装等)の新規事業検討
    • 総合商社の商業施設事業における事業計画策定
    • 飲料メーカーの営業戦略策定(料飲店への販売データの分析からターゲティング方針策定等)
    • CVSのマーケティング戦略策定(POSデータの分析からプロモーションプラン策定等)
    • 食品メーカーの財務デュー・デリジェンス、資金繰り計画策定・運用支援
  • ■オペレーション、IT領域
    • 玩具メーカー、食品メーカーの全社組織・業務改革(戦略に基づく組織・業務設計)
    • アパレルメーカー、医療機器メーカーのSCM改革

コンサルティング事業本部
コンサルタント
倉田 薫

経歴
大阪市立大学経済学部卒業後、製造工場の生産設備を導入する機械専門商社において法人営業に従事。その後、㈱日本能率協会コンサルティングを経て現在に至る。
実績
  • ■福利厚生アウトソーサー 従業員満足度調査を基にした働き方改革
    • 課題:①残業時間の削減 ②生産性の向上
    • 支援内容 従業員満足度調査及び業務内容時間調査の実施により、モチベーションを含めた労働環境に関する課題と制約を抽出、モチベーションの維持・向上に資する働き甲斐のある環境づくり・仕組みづくりの計画策定と、残業時間削減の施策と実行計画を策定。
  • ■菓子メーカー 商品の採用比率向上に向けた取り組み
    • 課題:商品の採用獲得率の向上
    • 支援内容 顧客との商談における営業職員の強み(競争優位性とコンピテンシー)を抽出。強みを営業部門に展開・定着するために、ワークショップ(ロールプレイ式の商談ケースに応じた営業スタイルの確立)の実施計画の策定と実施支援。
  • ■通信企業子会社 コンタクトセンター委託先の評価、SLA策定
    • 課題:外部委託先のマネジメント手法確立によるサービスのQCDの改善
    • 支援内容 SLAの再定義により、業務のas-is/to-be モデルの可視化と、委託先の評価項目と評価方法の設計。これにより、サービスのQCDの維持・向上と管理に資する一貫したマネジメント手法の導入を支援。

コンサルティング事業本部
アソシエイトコンサルタント
川端 祥生

経歴
横浜市立大学国際総合科学科経営科学系在学中、カナダILAC International College入学(1年間、専攻科目Hospitality Management) 。同カレッジ卒業後、復学し横浜市立大学を卒業。卒業後、大手不動産仲介企業を経て現在に至る。
実績
  • ■地域密着型の首都圏不動産仲介業及び海外不動産仲介業の企業において、営業企画、広告、営業活動に従事。当社はグローバル展開するオークションハウスブランドを保持し、国内及び世界数十カ国近くの不動産仲介が可能である。
  • ■業務内容
    • 企画リーシング(外食企業に対する商業施設への誘致を目的とした企画リーシング)クライアントの出店戦略に整合した①立地面のブランディング、②店舗収益性の高さ、③顧客ターゲティング(40代~50代の内、健康志向の層)を訴求する企画書の策定。
    • 自社のCRM戦略の一環として、WEB、紙媒体を活用した広告制作業務
      販売に向けての現場事前調査(現地周辺の公共施設、商業施設などの住環境調査)及び収集した外部情報を活用したデジタルプロモーション(広告)業務に従事。
    • 外資企業(法人・個人)に対する営業活動
      首都圏在住の外国人向けの不動産仲介の営業活動。不動産仲介物件における差別化要素(他社比にてアップグレードされた内装、設備)を訴求する営業活動の支援を実施。

コンサルティング事業本部
アソシエイトコンサルタント
陳 力源

経歴
中国・江漢大学(武漢市)で国際経済と貿易を専攻し、経済学位を取得。その後、早稲田大学大学院国際コミュニケーション研究科に進学、社会コミュニケーション分野において、中国における日本のコンテンツ産業を研究し、国際コミュニケーション学位を取得。その後、大手流通企業で化粧品マーチャンダイザを経て現在に至る。
実績

カテゴリー最大手の上場企業にて、化粧品をメインにマーチャンダイザー及び店頭プロモーションを担当。

  • ■マーチャンダイジング(MD)

      インバウンド戦略として、訪日客(特に中国人観光客)を対象としたマーチャンダイズを担当。

    • 国別客層の分析を踏まえ、目玉商品を選択し、一等地に大量展開。
    • ポテンシャルインバウンド商材を発掘、認知度が高い商品の近くに類似品を展開。また、多言語POPを付き、商品特徴を強調するプロモーションを展開。
    • 常に商品陳列を見直し、ヒット商材をエンド展開にシフト。また低回転率の商品を撤去し、新たにポテンシャル商品にシフトして、売り上げ拡大に寄与。
  • ■オペレーション

      従来の「言われたことしかしない、暇な時にやることなしが、忙しくなると回らない」状況を効率がよい分担作業に改善。

    • 時間帯別担当者を配置することにより、品出しと補充作業を改善。
    • 従業員のインカム応答のクイックレスポンスを実現し、お客様対応の生産性向上を達成。
  • ■トレーニング(部門担当者として、従業員育成、アルバイトスタッフ教育を担当)
    • 徹底的にOJTを実施、できる人に権限委譲。
    • モチベーション向上のための明確な賞罰制度の設計と実行(時給アップ、シフト貢献時の商品券支給、大ミス発生時の時給ダウン等)。
    • チームの結束力を強化のため、社内コミュニケーションプランの作成と実行。
    • 結果:チームの生産性向上により人手不足を改善、また売場欠品を削減し、売上、粗利率の増長を実現。

コンサルティング事業本部
コンサルタント
民谷 成

経歴
関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科国際経営コース卒業後、日本通運株式会社に入社。輸出混載課に約5年所属。航空会社との料金交渉、スペース調整を行う。その後、米国日通にて主に日系メーカーの海外進出を物流面でサポートする業務と米国内のデリバリーなどの実務に従事。帰国後は、国際物流部門の営業として荷主の物流ネットワーク構築を提案。現在に至る。
実績
  • ■物流改革
    • 外資系メーカーの日本国内におけるサービスパーツ保管と配送の為の新物流センター立ち上げに従事。具体的には、庫内プロセス設計と配送便組み立てを支援。内製化していた業務について、業務仕訳を実施した結果、倉庫および庫内作業の外注が可能と判断。顧客へ提案し、物流コストの削減と在庫管理精度向上を行う。
    • 社内において輸出航空貨物保税転送システム構築による業務効率化を実施。新システムの導入に伴い業務プロセスを改善。貨物のフライトスケジュールを決定させる際に、拠点間転送が必要な貨物については自動的に輸送データーが作成され、配送部門に情報が展開されるようにする。これにより、入力業務の簡素化、入力ミスの削減を達成する。
    • 医薬・医療品貨物を中心とする温度管理輸送を提案。梱包仕様の変更により、保冷コンテナを使用せずとも一定時間の温度管理を可能とする。物量に合わせて小ロットからの温度管理を実施することで、品質保持、コスト削減を提案する。
  • ■物流実務領域
    • 日本発海外向けの航空貨物について、航空会社と貨物スペースの調整、航空運賃の料金交渉を行う。混載仕立てを行うことで、荷主希望に沿ったフライトスケジュールを確保することと、航空利用費の削減に努める。
    • 輸出入貨物取扱業務(国内輸送、梱包、輸出輸入通関、船舶手配など)。
    • 貿易関連書類の作成代行業務(インボイス、パッキングリスト、危険品申告書、原産地証明書などの作成代行)。

社外執行役員コンサルティング事業本部 顧問大隅 迅人

経歴
愛知大学現代中国学部卒業後、㈱アドバンスト・ロジスティックス・ソリューションズより㈱豊田自動織機AL事業部営業企画部へ出向、アビームコンサルティング㈱プロセス&テクノロジービジネスユニットSCMセクター、㈱リエンジニアリングパートナーズのフリーランスメンバーとして活動し、㈱SimmeL設立、同社代表取締役と並行してTICのパートナーコンサルとして参画。
実績
  • ■戦略・方針管理領域
    • 自動車関連会社営業・生産管理系BPRと方針管理の仕組み再構築・定着化
    • 中堅多角経営企業の企業コード/ウェイの策定と浸透、方針管理と連動した現場主導のPDCAサイクル定着
    • 業界専門メディア企業の経営課題を踏まえた中期戦略~経営計画の策定と新規事業実行、かつ方針管理支援
  • ■BPR・IT領域
    • 大手自動車メーカーグループ企業、大手医療機器メーカーのMRP導入を見据えたSCM領域のBPR
    • 労働集約型オペレーション向け、①「Work Force Management」のパッケージ開発と導入、②ロボティクス化構想策定支援
    • 大手通販、大手ネット通販、テーマパークなどのSCM構想策定支援
  • ■実務・現場改善領域
    • トヨタ式(TPS・方針管理などウェイ)によるBPR(OJTコンサル:改革人材の育成プロジェクト遂行を並行して実行)
    • 業務改革:人材育成、QCD向上、新規業務立上準備
      (GMS店舗、CVS弁当工場、大手バンク・保険の事務センター、香料・機械製品生産拠点など)
  • ■その他
    • 新人~中堅社員研修、リクルーター向け大学講師(トヨタ式を土台とする仕事の捉え方、価値観把握と考働化 など)

コンサルティング事業本部 顧問尾﨑 一郎

経歴
早稲田大学商学部卒業後、東レ(株)を経て、(株)ロック・フィールド入社、執行役員、取締役、常務取締役、販売本部長、生産本部長、商品企画開発本部長等を歴任。(株)雪国まいたけ入社後は、マーケティング部長や、子会社雪国バイオフーズの役員を歴任。その後、株式会社シュゼット(アンリシャルパンティエ)入社、経営企画部長ほか、品質保証、生産管理部門、システム部門などを担当。2017年より顧問に就任。現在行政機関のマーケティングアドバイザーなども担当。(株)マーケティング研究協会 公開セミナー講師。
実績
  • ■得意とするコンサルティング領域
    • マーケティング(・食品エンドプロダクツのブランディング・MD戦略立案、商品企画 ・都道府県や市町の農産品や地場産品のブランディング、マーケティング等実績多数。)
    • 販売管理システム、POSシステム構築導入支援
    • 食品製造メーカー、食品小売業等の経営管理
    • 特に、POSシステムを駆使したMD戦略立案やヒット商品を生み出す商品企画立案には多くの成功例がある

コンサルティング事業本部 顧問野島 悠司

経歴
京都大学教育学部卒業後、株式会社リクルートエージェント(現、株式会社リクルートキャリア)に入社。IT業界を対象に中途採用支援の提案営業に従事。その後、新規事業開発に携わり、情報システム・マーケティング・業務改善など幅広く経験。当時、同社史上最年少で管理職に昇格。その後、株式会社ロジクロス・コミュニケーションにて、3PL運営、物流コンサルティングに従事。その後、 TICのパートナーコンサルとして参画。
実績
  • ■大手建材メーカー3PL管理(年間物流費約40億円。保管・配送拠点約30ヵ所)
    • 在庫適正化及び在庫補充の安定化に向けた運営管理
    • 物流費の請求支払計上の全体管理、物流タリフ管理
    • システム・データ処理など物流データ管理、オーダー管理
    • 物流事務処理スタッフのマネジメント・事務業務改善
  • ■メーカー 物流改革
    • 物流KPI分析ならびに配送ネットワーク改善に向けた課題整理および改善企画立案
    • SAP活用による在庫管理業務の運用設計

コンサルティング事業本部 顧問西巻 知之

経歴
東京理科大学工学部卒業後、㈱豊田自動織機に入社。技術管理、生産管理、情報システム、業務改革コンサルティングを担当。㈱豊田自動織機からの出向により、(株)キャッチネットワークにて全社業務改革、(株)ワンビシアーカイブズにてCIOを担当。その後、TICのパートナーコンサルとして参画。
実績
  • ■戦略領域
    • 情報管理系企業にて、新サービス(デジタルアーカイブ)立ち上げ。(事業企画・実行計画立案および実行)
    • IT系企業にて、新規拠点立ち上げ。(事業企画、新規顧客開拓、組織構築)
    • 各種企業にて、戦略達成のための会社方針展開・実行・管理の仕組み構築
  • ■IT領域
    • 情報管理系企業にて、CIOとしてIT化戦略立案および実行

      (営業支援システム、契約管理システム、販売管理システム、統合情報管理システム、在庫管理システム、輸配送システムetc.)
    • 自動車系製造業にて、基幹システムを中心に全領域にわたる数百のシステム構築を実行
      (グローバル経営情報システム、全国販売店システム、部品表システム、生産管理システム、工程管理システム、品質管理システムetc.)
  • ■業務改革領域
    • ケーブルテレビ局にて、BPMによる全社業務改革プロジェクトを企画立案および実行
    • 各種企業(製造、流通、金融etc.)にて、業務改革プロジェクトを企画立案および実行支援

コンサルティング事業本部 顧問植村 邦夫

経歴
大学卒業後、富士通株式会社に入社。20年間システムエンジニアとして、民需関連、公共関連等々と幅広く顧客業務システムの、企画・計画/設計/開発/運用・評価を実践すると共に、システム開発におけるマネジメント作業に従事。その後、同社コンサルティング事業本部(現、㈱富士通総研)にて物流・ロジスティクスコンサルタントとして、SCM、物流・ロジスティクスに関するコンサルティング活動に従事。退職後㈱ユーロジプランニング設立、同社代表取締役と並行してTICのパートナーコンサルとして参画。
実績
  • ■戦略領域
    • 物流・ロジスティクスに関する戦略立案及び、ビジネス推進の為の企画・計画等の戦略策定及び実践支援
    • 物流・ロジスティクス・SCM関連の情報システム全般に関する戦略立案及び、システム開発に関する企画・計画等の策定、実践支援
    • 物流・ロジスティクスの「見える化」、「見せる化」に関する施策、実践計画等々の策定及び実践支援
  • ■物流実務領域
    • 物流事業者、物流子会社の事業戦略、販売戦略策定支援及び実行支援
    • メーカー、卸売業者等の物流センター構築に伴う、企画・計画~運用・保守の全工程に於ける支援
    • 企業の物流現場改善、物流業務改善全般に関する実践支援
    • 公益社団法人 日本ロジスティクスシステム協会(JILS) 物流技術管理士資格認定講座講師、ロジスティクス基礎講座講師
  • ■IT領域
    • 企業の物流情報システム導入に伴う、LMS(マネジメントシステム)、WMS、TMS等々の導入計画策定支援及び実行支援
    • 企業の情報システム導入に伴う、企画・計画~運用・保守の全工程における支援
    • 企業の情報システム子会社に於ける業務改革策定支援及び実行支援

コンサルティング事業本部 顧問増田 幸雄

経歴
富士通株式会社に入社。本社生産技術部門で製造ラインの検討、新工場建設プロジェクトを約18年担当し、国内工場約20プロジェクトを実施。その後、お客様対応としてシステムサービス部門へ異動、社内に「富士通㈱一級建築士事務所」を設立しお客様の建設ニーズに応える。工場、データセンター、物流センター、金融機関事務センター、オフィスビル等の建設実績多数。また、同時に各種建物の情報化、運用コンサルティングを実施。富士通を定年退職と同時に㈱エフエムプランニングを設立、同社代表取締役と並行してTICのパートナーコンサルとして参画。
実績
  • ■戦略領域
    • 企業、団体が組織活動のために施設とその環境を総合的に企画、管理、活用する経営活動(FM)を支援する
    • 働き方とワークプレイスに関する検討
    • ファシリティマネジメント(FM)を効率的に推進するためのシステム企画・構想の立案
  • ■建築系実践領域
    • オフィスビル、データセンター、物流センター、工場など建設プロジェクトにおけるコンストラクションマネジメント(PM・CM)の実践
    • オフィス移転、改修、構築プロジェクトマネジメントの実施
    • サーバ室、コンピュータ関連施設の構築・運用マネジメントの実施
  • ■所属協会・資格
    • 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 会員 及び 認定ファシリティマネジャー(CFMJ)
    • 一般社団法人 日本コンストラクション・マネジメント協会 会員 及び 認定コンストラクション・マネジャー(CCMJ)