TIC | 株式会社東京コンサルティング研究所

  • HOME
  • 新着情報
  • COVID-19によるリモート化の広がり(2) ~オンライン服薬指導~

COVID-19によるリモート化の広がり(2) ~オンライン服薬指導~

新聞記事ではオンライン服薬指導が前倒し規制緩和になったことを紹介している。自宅から処方薬(医療用医薬品)を購入できる「オンライン服薬指導」が2月末に解禁、4月13日からは医師の診察から薬の購入まで初診者でも電話で済ますものだ。利便性が高まり4月の利用が前月比で2倍になった調剤薬局もあるとのことだ。
一方、外出を減らす期待とは異なる利用法も増える。調剤部門を併設する大手ドラッグストアではファクスで受け取った処方箋の大半は薬を店に取りに来ているとのことだ。オンライン診療⇒処方箋は病院から身近な店舗に送付⇒患者(利用者)の店頭引取りは従来も利用できた制度だが、COVID-19を機に、食料品や日用品と合わせてまとめ買いをする需要も拡大しているようである。ここにネットスーパー等の宅配の仕組みを導入するとどうなるであろうか。店側が処方箋の内容に応じた食材を宅配にて提供する。医食同源に適合した食材の提供という付加価値サービスに発展すると考える。